FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの木馬座始末記 10 『ピーターパン』

ピーターパンはぼくにとって特別な作品だった…
 小さい時…父はディズニー映画が封切りになると必ず連れて行ってくれた。
中でも特に好きな作品が『ピーターパン』だった。
日本初公開が1955年だからぼくが7歳の時になる。
印象的なのはネバーランド(たしか「ないないじま」と訳されていた)の緑、
ピーターパンのコスチュームの緑で、ぼくが今でも緑色が好きな
原点ではないか…とまで思っている。
   
 自分の公演があったので、舞台を見たのは8月下旬、大阪へ行く直前のことだった。
面白かった。ディズニーアニメ見せ方は違うが、海賊船、インディアン、人魚、ワニフライング…
楽しめる要素がてんこ盛りなのだ。
男の子が一番面白い舞台はやはりピーターパンじゃあないだろうか。
 この作品には弟を引き込んでいた。(トンボのきれる海賊役…ということで声をかけたのだった)

  ぬいぐるみではフック船長の秘書役的なスミーのコミカルな動きと
ワニの軽快な動きが印象に残った。ワニはほぼ原寸大で作りもリアルに
出来ている。下にキャスターがついており、中に入った役者が主に肘を足を
使って動き回る仕組みだ。一直線に進む速さ、フックを追いかけるときの旋回性能の良さが
際立っていた。このワニ役者?は通称ウマさん。誰にも真似できない動きを身につけるために
すごい努力をしたことを後からきいた。
 しばらく後のことだが、ウマさんとスミーを演じたモトミさんは
「ひらけポンキッキ」でガチャピン、ムックを演じることになる。

 ところで、この劇で一番印象に残ったのはタイガーリリーの踊りだった。
 舞台センターで片足立ちで高速回転するバレエのフェッテという技が
本当に素晴らしかった。大きな面をかぶりながらきれいに顔を正面に
残しながら軸足がほとんどぶれないのだ。
 彼は本役のダンサーが都合で参加できないため、
大阪公演だけのピンチヒッターだったが、踊りを見た藤城がほれこみ、
そのまま東京公演続投となったというエピソードの持ち主だった。

taigaririi040_convert_20111109114551.jpg 

 キャストの中で子どもたちは面をかぶっていない。
ぬいぐるみと一緒でも特に違和感は感じなかった。
ただ、ピーターパンはスタイルが良すぎてやんちゃな感じがなかった。
子どもたちはほとんど木馬座演劇スクールの所属だが、一人例外がいた。
 ウエンデイ役の山添多佳子だ。
彼女はこの2年後にマークレスター主演の映画『卒業旅行』にヒロイン役で出演した。  
 フックに入っているのは制作部のチーフのTさんだった。
  彼は役者ではないが初演以来フックを持ち役にしているという。そういえば顔が
面に似ていなくもないのだが…フックの造形はディズニーのそれにそっくりでよくもまあ
裁判沙汰にならなかったものである。(ちょっとは抗議があったらしいが)
今よりはずいぶんとおおらかで、ぼくはその時代の方が好ましいと思っている。

 『ピーターパン』は昭和41年初演、翌年には児童演劇として初めて国立劇場で1カ月公演を
したという。その時の海賊船は実際に海に浮かべることもできるくらいに作りこまれていて、
それを国立劇場の回り舞台で盆回ししたエピソードは関係者で語り草になっていた。

 残念ながら目の前の海賊船に浮かぶ性能はなさそうだった…


長く短い夏が終わり…秋から初冬はツアーが続いた…それは次の話…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のいた時も『ピーターパン』は上演していましたが、当然のことながら藤城清治美術とは全く異なっています。恐らく、藤城『ピーターパン』の方が、遥かに舞台装置にお金を掛けていたのではないかと、楽葉さんの文章から想像します。海賊船の場面など、大した装置もありませんでした。ワニは金色のラメが張ってあり、小道具方が中に入って、フックを追いかけました。人魚は作り物でした。が、作られた仮面は美術的に優れていました(特に海賊フックは迫力のある大きな仮面でした。)演出、振り付けなどがしっかりしていましたので、名作の一つだったと思います。

それにしても、国立劇場の盆で海賊船を回したと言う話、驚きです。丸物を作る予算があったのですね。
main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。