FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの木馬座始末記 1 ことの始まり…

 ■きっかけは「劇団木馬座の思い出」■
 しばらく前のこと…ネットで<木馬座>を検索したところ、劇団木馬座の思い出という項目を見つけた。
サイト名は「アヨアン・イゴカーの芸術の森」という…絶対に1回では覚えられない名前だった。
30回以上連続する文章を読んでいるとこれに触発されて断片的なエピソードがつぎつぎにうかんできた。
naguritobansenn.jpg 
 たとえば上の画像はぼくが愛用しているトンカチ(通称ナグリ)とバインド線だが、
アヨアンさんのブログにも同じナグリの画像があり、ほとんど笑ってしまった…
40年近く前の道具を愛用している人がもう一人いるのだ…と
そんなこともあり、これは自分なりになにかまとめてみようか…そう思っていたところ、
ぼくも人形劇団のサイトとブログをはじめることになったので、これをきっかけに
トライしてみることにした。
アヨアン・イゴカーさんのように几帳面なものではないが、ぼくのスタイルではじめてみたい…

 木馬座に実質在籍したのは2年半ほどなのだが、木馬座が劇団木馬座に変化する劇的な状況
(このことはいずれふれることになる)に身を置いた結果、短いけれど通常の5年10年にも匹敵する
経験ができたと思っている。ぼくにとって特に重要なことは人形劇をというライフワークに出会ったことだった。
 そんな思いで…ぼちぼち始めることにする。
   ■木馬座との出会い■
 
昭和46年の春…22歳のぼくは途方にくれていた。
当時原宿にあった東京デザインアカデミーのグラフィック科を2年途中で休み、受験した大学に失敗していた。
情けなかった。普通に進学していれば大学卒業の年だ。ぼくはいったい何をしているのだろう…

 高校生のころからぼくはまんが家になろうと思っていた。
今から思い返すとひどくいいかげんなものだが、それを後押ししてくれたのが
当時NHKで放送されていた「まんが学校」(司会はやなせたかしと立川談志)だった。
これは単行本にもなり、その中にまんが家を目指す人は絵はもちろんだが、
広く知識をもたなければいけない…といった趣旨のことが書かれていた。
ぼくはそういうところだけ真に受け、高校を出るとアルバイトをしながら英会話、デッサンなどをかじった。
グラフィックデザインを学んだのもその一環のつもりだったのだが…中途半端に挫折したのだった。

 そんなとき、朝日新聞で木馬座ぬいぐるみ演技研究生募集の広告をみつけた。
木馬座が当時ケロヨンが評判になっているメジャーな児童劇団ということは知っていた。でもそれだけ。
児童劇を見る機会はなかったし、日本テレビで評判になったケロヨンアワーも見たことがなかった。
それにしても、これまで経験のない児童劇を勉強出来て、少しだが給料ももらえる…こんなうまい話は
ないではないか…そう思ったぼくはさっそく出願手続きをすることにした。 

 そして、必要な書類を用意し、いよいよ面接に出かけていくのだが、ここからは次の話…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お願い

はじめまして。

トンチキプーと申します。
藤城清治さんのファンの者です。

木馬座の思い出話、大変興味深く読ませていただきました。
どうもありがとうございます。
今ではどこにも残されていない貴重なお話の連続は、驚きの連続でもありました。

つきましては、
もしご迷惑でなければ、
このような興味の尽きないお話をぜひ多くの方々に紹介したいと思うのですが、
お許しいただけるでしょうか?

突然ぶしつけなお願いを致しまして、申し訳ありません。
どうかご検討のほど、よろしくお願いいたします。

ちなみに、この私のブログでご紹介したいと考えております。
http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111

Re: お願い(トンチキプーさま)

> ご訪問いだたきありがとうございます。
 
 40年前に研究生としてお世話になったわずか9か月間に
垣間見た(本当に時々お目にかかる程度)藤城清治さんは
今風に言うなら絶対的なオーラを発しておられました…
当時は40代半ば…そんなに若かったことも驚きですが…
喜寿を迎えてまだ創意工夫をしながら作品を発表される
現在の姿には圧倒される思いでおります。

 ぼくのブログは全くの主観的なもので、
<木馬座始末記>に関しては記憶違いも
多々あるはずですが、自分のためにまとめたものです。
しかし、公表する以上はご覧いただけることは喜びでもあります。

 コンチキプーさまのブログも拝見しました。

 熱心なファンがご覧になるブログのようですので、
ちょっと心配ですですが、ご紹介いただけるのでしたら
それはうれしく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます

突然のお願いにもかかわらずご了解をいただき、
本当にありがとうございます。

僭越ながら、「絶対的なオーラを発しておられた」若き日の藤城先生をご覧になった楽葉サンタさまの「主観」だからこそ、
当時の情景が活き活きと僕たちに伝って来るのだと思います。
そういう意味で、お書きになったものほどの木馬座に関する貴重な記録は、
ほかには一切残っていないでしょう。
僕のブログに来ていただいているみなさんにも、
その活き活きとした情景はきっと伝わるに違いありません。

それではさっそく数日中に、楽葉サンタさまのブログをご紹介させていただくことにいたします。

重ねて、どうもありがとうございました。
main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。