FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武州中山道を歩いて19 久下の長土手リベンジ

前回一里塚をさがせず熊谷駅まであるいた日…
家に戻って確認したところ、土手の上から遠くに見えて
目標にしたマンションの裏に一里塚があるはずだった…

 日を改めての再挑戦…
行田駅に降り立ち 西口ロータリーに出ると
正面に三つの大きなマンションが目に入る
 そしてマンションの左右には土手が広がっている
駅からこれだけはっきり見えるのにどうしてこの間は
土手から駅が見えなかったのか…

近づくとあっけなく一里塚の案内板が見つかった

 一里塚は土手の一番下にあった…
このあたりでは堤防がはっきり3段階に分かれ、
時代を追って順次積み上げていったことが分かるのだった…
土手の中段には馬頭観音の小さな石碑があった…

 ここでスケッチブックを広げる…

kugebatoukannon069_convert_20130121175611.jpg


 さて、土手を見上げると左手に大きな石碑が見える…
前回通った時にも立ち止まった<堤防決壊の碑>だ…

 昭和22年(1947)9月のカスリーン台風でこの場所から決壊し
利根川の決壊と併せて東京方面に流れだし、
死者、行方不明者併せて2千人近い被害をだしたという…

そこからは至極順調に旧中山道を歩いていった…

 1キロほど行った土手下に<久下堤碑>と読める大きな石碑が立っていた…
後で調べてみるとこの場所は荒川の瀬替えの際、元荒川を締め切る堤防が作られた…
しかし、カスリーン台風被害に先立つ明治43年の大雨で決壊寸前となり、
4キロメートルに渡って修復したことを記念し明治45年に建立したらしい…

そんないわれまではわからなかったが、大きさと風格が気に入りスケッチした…

kugezutumisekihi070_convert_20130121175736.jpg 

石碑を過ぎると道は土手を離れていく…
熊谷市のすごいところは色々な史跡に郷土に因んだいろはかるたが
表示されていることにも感じられる…
たとえば久下神社の少し先の住宅地に二つの門柱だけが残っている空き地があり、

   <流灯会(りゅうとうえ)今は昔の不動さま

という札が立っている…門柱には『成田山』の文字が読みとれた…

その先で道はまたもう一度土手をちょっとだけ登る…
そこに<久下の渡し水没橋記念碑>があった…

案内板を見るとその橋は全長300メートルほどの木橋で
大水の時は冠水したのだという…
そしてつい最近の2003年に新久下橋が完成するまで現役で
熊谷市と対岸の大里町を結ぶ重要な交通手段だったようだ…

 こうした立派な記念碑が建立されたことからも橋が地元に愛されていたことが
伺えるのだった…傍らのベンチは橋の主桁を使っているそうだ

土手を下りてまた道を進むと元荒川にぶつかった…
しかし吹上で見た時より抜群に水がきれいだ…
清流に長い水草が川底いっぱいに揺らいでいる光景はぼくが子どもの頃、
多摩川に支流で遊んだ光景を思い出させてくれるものだった…
そこに案内板があり清流にしか住まないトゲウオ科の<ムサシトミヨ>が
国内で唯一生息する貴重な場所であることが記されていた…
もちろん釣りは出来ない…

さて、もう少しで熊谷駅という場所で一里塚の案内板を見つけた
通称 八丁の一里塚 だ…公園と自治会館がある敷地に立っている
これを確認してほんの1,2分歩くとそこはもう熊谷駅構内となり
秩父鉄道、高崎線、上越新幹線の大きな踏切を渡ることになる…



 その先は熊谷宿がまっている… ⇒№ 20に続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明治43年とカスリーン台風の大洪水は、荒川と利根川の堤防のあちこちで結界し、埼玉県の東南部から東京の下町にまで流れこんだというから、想像を絶するものすごさですね。被害の大きさはは県内の川で碑をよく見かけることからもわかります。普段の川の流れを見ていると、ここから水があふれるなんてと思います。自然は人間など及びもつかない力を持っている、これが私の信仰といえるかもしれません。

Re: No title

>1974年9月に多摩川が狛江付近で決壊し
民家19戸 が流出する災害がありました。
当時通学する小田急線鉄橋から現場を見て
いつも親しんでいる川のあまりの変貌ぶりに
驚いた記憶があります。決壊箇所が少し上流に
ずれていたら堤防に隣接していたたくさんの
公団住宅に大きな被害が出たに違いありません。

 一里塚案内板のあった久下の長土手に隣接した
高層住宅群と決壊の碑文を見た時、そのことを思いました。
太古から人間とそのご先祖?たちはきっと何度も
文明を築いては壊し、あるいは壊されしながら今があるのでしょうね。

No title

行田というと、行田産業会館が思い出されます。特に『ピーターパン』公演。
『ピノッキオ』の時は、帰りに4トントラックの運転を少しやらせてもらいましたが、信号を曲がる時に余裕を持たせすぎて、乗用車に下がってもらって左折した苦い思い出があります。

Re: No title

>木馬座当時は普通免許を持っていませんでした。
よくそのわがままを劇団が許してくれたと思っています。
20年ほど前に思うところがあり運転を始めましたが、
トラックは絶対に無理です…

 行田の産業文化会館は「クマのプーさん」で行きました…
当時は17号バイパス上に首都高速5号線は未整備で、
上下車線の間は広い草っ原が続いていました

 産業文化会館に着いて空が広いことに驚き、
そして本当に深い青い色が心に残りました。

先日歩いた時も吹上、行田に来るとやっぱり空の広さは感じました。
main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。