FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふかよみ №1 『かないくん』

    

          < 死 の 重 さ >


かないくんかないくん
作:谷川 俊太郎 / 絵:松本 大洋出版社:東京糸井重里事務所絵本ナビ




きっかけは<『かないくん』を語らう夕べ>というUSTREAMをみたことだった


谷川俊太郎、糸井重里、阿川佐和子といえばいずれも気になる面々…
1時間半にも及ぶ番組を見てしまったらすっかり上手に
本の紹介をされた気分になり、
早速入手したのだった…


 60年以上前…親友でもない隣席の同級生が病死した…
この事実を思い入れのない分、客観的に状況を振り返り…
それは死について考えることになる…

 前半の内容をこう書くと身も蓋もないものになってしまう

 絵本なのだから作家と画家のキャッチボールが見どころなのだ
絵がほとんど文から離れているのがおもしろい
松本は谷川のテキストを参考に自分なりの物語を作り上げ
それを描いているのだろう…

 出版のきっかけは「死」をテーマにした絵本を出そうと企画した糸井が
旧知の谷川にテキストを依頼…絵は人気の松本大洋
(といってもぼくは知らなかった…工藤直子の息子と知って急に関心をもったが…)
に依頼したとのこと…


    <谷川俊太郎が、一夜で綴り、松本大洋が、二年かけて描いた…>
とはいかにも糸井らしいみごとなキャッチコピーだ…

 コピーと言えば…テイストが変わる後半にでてくる
<死を重々しく考えたくない、かといって軽々しく考えたくもない>
という文章もこの絵本のキャッチコピーにふさわしい


 手にしてこれは<白い本>だと思った…

 表紙に右を向いたかないくん…

裏表紙は真っ白で小口側2㎝ぐらいでコーティングが途切れて
光沢をなくしているのが何かを暗示しているようだ…

中も特別な輝きをもった白が贅沢に刷り重ねられている
<死>を黒ではなく白で表現しているのは
画家のイメージだろうか…

 本全体をとおして肯定的メッセージを感じるのはよかった

 <死は生の始まり…>と受け取れるメッセージが終盤に、
それも思わぬ人物が口にする…

 ぼくはこの場面で…娘に「パパの夢は?」と問われた
父(成功した建築家の設定)が「パパはもう…」と口ごもるTVCMを思い出したのだった


 感性、事象を捉える深さに年齢は関係するのだろうか…

<夢>は歳とともにしぼみ<死>は年々身近になってくる…本当?

生のポテンシャルの高い若い世代こそ、死も身近かもしれない


           早世したかないくん…

           実在のかないくんを傍観した谷川少年…

           80代の谷川俊太郎

           60代の糸井重里

           40代の松本大洋


 この一冊を糸井世代のぼくは 小学校時代、夏休みに多摩川で
水死したK子ちゃんを思い出しながら読み、考えたのだった… 

 卒業写真のK子ちゃんは 別窓で参加していた
もう変わることのないその顔は忘れられない…  
              



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若い死と言うのは、言われてみれば以外に身近にあったのかもしれません。
高校の時、電車を待っている長椅子で、一人の少女が死んだそうですが、心臓病だったようです。姉の知っている少女でした。
同級生が、19歳で病気で亡くなったと言うのを、卒業後に会った知人から聞きました。
そして、木馬座時代に私が少しだけ付き合った少女は、26歳で自ら命を絶ちました。

アヨアン・イゴカー さま

 お読みいただきありがとうございました

 息子は子どもころ、手塚治虫の『火の鳥』を怖がっていました
理由は聞きませんでした

 生と死はワンセット…ということは
素直に受け入れられるところです
もっとも死期が現実になった時にはわかりませんけど…
main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。