FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふかよみ №6 『』ねずみくんのチョッキ&『ぞうのボタン』 

               <絵本は国境を超える> 

ねずみくんのチョッキねずみくんのチョッキ
作:なかえ よしを / 絵:上野 紀子出版社:ポプラ社絵本ナビ

 日曜日の朝刊にポプラ社の絵本<ねずみくんシリーズ>
最新刊「へんしーんネズミくん」の広告が出ていた…
そこには1974年に第1作『ねずみくんのチョッキ』が出版されて以来
40年間で31巻めと紹介されていた…

 作者の上野紀子 なかえよしをは日大芸術学部の同窓生夫婦だ…
ポプラ社HPの作家紹介欄によれば二人で話し合いながらなかえが
ラフスケッチで展開をきめ それを上野が描くコンビネーションで
創作活動を続けてきたという…

 『ねずみくんのチョッキ』ではお母さんが編んでくれた自慢のチョッキを
他の動物たちが次々に借りて着回していく…
だんだん大きな動物になっていくので異常な窮屈感が見どころなる…
そして最後にゾウが着用に及ぶところでクライマックスを迎えるのだ…

 現実にはありえないアイデアを絵の力で目に見えるものとして
納得させる力のある絵本のいい見本だろう…


ぞうのボタン─字のない絵本─ぞうのボタン─字のない絵本─
作・絵:うえののりこ出版社:冨山房絵本ナビ


 ところでこの夫婦の商業絵本デビュー作は文字なしエンドレス絵本
『Elephant Buttons』として1973年にニューヨークで出版されている…
 見開き全14場面は白い背景に右ページにのみモノクロの動物が描かれる
あるいみぜいたくなつくりになっている。このもったいなさ?が当時の日本では
出版に至らなかった理由なのだろうか…
 内容は『ねずみくんのチョッキ』の逆バージョンのようなもので、
ぞうのお腹にボタンが現われ、そこから、より小さな動物が出てくる…
するとその動物にもボタンがあり…このパターンが続き、最後にねずみが登場し、
そこで終わりと思わせて どんでん返しで始めに戻るところが画家の腕の見せ所となる…

 ぼくはこの英語版を勤めたばかりの図書館の洋書絵本棚で見つけた…
その時にはすでに翻訳が『ぞうのボタン』として冨山房から出版されていたので
見比べることができた…両者の違いは表紙、奥付が日本語と英語だけ…
という至極当然な結末ではあったが…

 この2冊の絵本は図書館のおはなし会や読み聞かせでも
大いに使わせてもらった…
『ぞうのボタン』に登場するねずみは後に「ねずみくんのチョッキ」に始まる
シリーズの主役に昇格し それが40年後に31巻続くロングセラーとなった…
そのことはこの絵本を読んで 育った子どもたちがまた次の世代に
引きついでいることを意味しているのだ

 外国のアマゾンHPで『Elephant Buttons』のレビューを見てみると、
概して評判がよく、文字なし絵本には国境がないことを改めて知ったのだった…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

文字なし絵本、文字のない絵手紙のようなものでしょうか。文字は読み手の国語力によって影響されますが、文字なし絵本であれば、読み手の感性に大きく影響されるのではないかと思います。
外国語語の分からない河馬園長の西山さんが、ジェスチャーでその外国人に説明し、その内容に満足して彼女は帰っていったという話を読んだことがありますが、時として言葉や文字はコミュニケーションを阻害することがありそうです。

アヨアン・イゴカー さま

> いつもありがとうございます

 文字なし絵本とは文字通り絵だけでストーリーを含めた
内容を表現する形式の絵本です

ひところ流行した『ウォーリーをさがせ』のように
ゲーム形式のものもあれば『ぞうのボタン』のように
アイデア勝負で説明がなくても直感的に楽しめるものもあります

 子どもに本を買う大人が、文字がないと読み聞かせが
うまくできないことや字のない分割り損感?があることなどで
買い控えするケースあるのは残念なことです…

No title

2冊とも、涙がでるほど懐かしい絵本です。
あれから40年ですかぁ...。(しみじみ)

10冊目あたり以降は絵本を手にとることもなくなり未読ですが、
「40年、31冊」というのはたいしたものです。その数字のうらには、
作者にとっても、読者にとってももたくさんのドラマがあったはず...
と、またしみじみ。

「ねずみくん...」は、私の好きな絵本というわけではなかった
けれど、どの子にも安心して読んであげられる絵本でした。
あの発想には新鮮さが感じられましたし、つぎつぎとチョッキを
着てゆく動物の体の大きさににも違和感がありませんでした。
これが画家の力量なんでしょうね。
でも、あのころは40年目に31冊目が出るなんて予想だにしま
せんでした。
当時は、なまいきにも、なんだかんだ言ったけれど、今はただ
エライなあと思うばかりです。私の職業人としての40年とほぼ
重なるものですから、自分のなさけない人生をふりかえれば、
頭をたれるしかありません。

おらあ三太だ さま

> 亡くなった漫画家のやなせたかしは著書の『まんが学校』のなかで
<馬の逆立ち>を描けるかどうかには漫画家としての重要な
いくつかの問題が含まれているといっていました…
馬の形を一度分解してそれに自分の空想力を加えて再構成
しなければならない…のだそうです

 ぼくもシリーズ途中でマンネリ、惰性ではないかと
思うようになり、特に後半は全くタイトルも知りませんでした…
でも…40年続ければもう立派ですよね

 作者のご夫婦はぼくより少し年長ですが
ポプラ社のHPで見た写真に妙に納得しています…
みんなちゃんと相応に年をとるのだと…
main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。