FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩時記 浦佐やな

9月の上旬…新潟県の浦佐駅近く、魚野川(信濃川の支流)に
かけられた簗(やな)を見学してきた…
例によって句会のメンバーが設定してくれたツアーへの便乗だ


<浦佐やな>は簗番がいるわけでもなく、
付属の食事処を利用すればどうぞご自由に見学を…
という観光簗だからそれほど鮎がかかるとは思わなかった…
それにしても全く鮎はかかってくれない…

約30分ほどでハヤのような小魚が2匹かかっただけだった…

その分、昼食には鮎の塩焼き、甘露煮、鮎酒…と鮎を堪能した

諦めが悪いので食後にまた簗に行ってみると
まるでミイラのようにやせ細った鮎が一匹かかっていた…
すでに死んでおり、多分その状態で流れてきてかかったのだろう…

 さて、目が慣れてくるとスノコのあちこちに5,6センチぐらいの
小魚が挟まっているのがわかった…
スノコの目の隙間から逃れるには大きすぎ、
打ち上げられるには小さいのが不運だったのだ

突然カマキリが水際で暴れているのを見つけた…
スノコのところであがる水しぶきに巻き込まれたらしい…
少し見ているともがきながら何とか自力で脱出しヨロヨロと逃げていった…
カマキリも油断ができない

簗場にあったイスに腰掛け、しばらくボーっとしていると
水音が気になるようになった…水量は結構あるし、流れは簗の
構造物やスノコにぶつかりながら響き合い複雑な水音を奏でている…
こうしたことは現場に来てみないとわからないことだった

歳時記では単に<簗>といえば夏の季語…
<上り簗>といえば春、<下り簗>は秋、…らしい
出不精なぼくにとってはま
た一つ貴重な体験ができた…

 欲を言えば簗で飛び跳ねる鮎も見たかったけど
それは想像力で補うことにしたい…

urasa-yana019.jpg 

     
 <スノコ目に 雑魚往生の 下り簗>

大きい文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

山があって川があって、行ってみたいなあ、という気持ちになるいい絵ですね。
川のほとりで、水の流れる音を聞いていると、気持が落ち着きます。
川も湖も海もないところに住んでいると、災害の心配は少ないけれど、そういう心を潤してくれるものには乏しいような気がします。

溺れかけたカマキリのところを読んで思い出しました。
家の庭のルリマツリに蜂が蜜を求めてやってくるのですが、ちょっと大きな羽音がしたのでふりかえると、カマキリが蜂をしっかと捕まえているではありませんか。飛びまわる蜂を素手で捕まえたんですよ。30分ほどで蜂を食べてしまいました。すごいものをみたなあという感想をもちました。

カマキリや ルリマツリのかげで 蜂をくう

カマキリは秋、蜂は春、ルリマツリはわかりませんが、季語だらけというか、季語しかない句です。

おらあ三太だ さま

>コメントありがとうございます

 人間すぐに慣れてしまいますので山川が日常だと
感動も薄れるのでしょうね
今回は簗の水音を聞いているだけでいい時間でした…

 致命的に植物の名前を知らず、<ルリマツリ>初耳です
相棒にきいたら「あら、前に庭にあったじゃない…」とのこと
ぼくの歳時記には出ていませんでした…

No title

>ミイラのようにやせ細った鮎が一匹かかっていた…
すでに死んでおり、多分その状態で流れてきてかかったのだろう

何とも、無常や哀れを感じさせる風景ですね。
簗という言葉の響きも、当然ながら如何にも日本的です。景色をじっと眺めていると、自分は何をしているのだろう、なぜここにいるのだろう、と言うようなことを考えてしまうこともあります。

アヨアン・イゴカーさま

 お読みいただきありがとうございます

 <簗>という言葉は知っていても現場へ行き
思いがけない感想を持ったのでした…

 不自然にやせた鮎、受難のカマキリ…
そして水音の意外な豊かさ…そのどれも
遠くまで出かけて行った非日常の中で
ぼくにインパクトをあたえてくれました

日々の暮らしの中では全然いけません


main_line
main_line
プロフィール

楽葉サンタ

Author:楽葉サンタ
元児童劇団員、元図書館員…
リタイアした現在は幼児でも遊べる人形劇を楽しく研究中…
妻一人、子ども三人、孫四人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。